京和菓子みずは 

脳科学者の茂木先生が言われてました。甘いものは、思考するのに たいへんに必要なものだと。
どうりで、私もサイト更新に頭をひねっていると、チョコレートなんぞが 欲しくなるはずです。体が欲しているということなんですね。
和風くらぶの編集人兼運営者管理人の みどっち です。

あなたは、甘党ですか?

食べるなら、ケーキ?お饅頭?
私は、主直 ケーキ派です。シュウクリームやエクレア大好きです。 だけど、時々、無性に大福や、甘納豆を食べてみたくなる時が あります。そうですね〜 珈琲を飲み飽きた時だとか、パソコン作業 に、疲れきった時などでしょうか。 こんなときは、あの小豆の甘さがたまらなく恋しく感じます。 そして、お抹茶などがあれば最高です。
これまで自分でトライしたのも、和菓子が多いですね〜
生チョコも好評でしたが、手間がかかる分だけ和菓子は、出来上 がりが嬉しいものです。

紫イモのお団子にもトライしたんですよ。

苺大福を、バレンタインに贈ったのです。 紫饅頭は、おイモからちゃんと作りました。 しかし、所詮はシロウトの作る和菓子です。
特に我々日本人は目で食べると言われています。器で食べるとも。 どんな美味しい料理も、汚れた品のない器に盛られたものは、その 美味しさが半減もゼロにもなってしまいます。
和菓子は、見た目もおいしく美しい芸術品のような お菓子です。 やはり手間隙かけて作られた 和菓子はお高くもありますが、 好きな 抹茶碗でお茶を点て、時間を忘れての一服、そんな時間を せめて週に一度くらいは持ちたいものです。
 私は、友人のうちへ訪問する時に、一緒に食べるためと、おうちの 方へのお味見用にと、自分でラッピングして持っていきます。

和菓子はいきもの

京みずはさんの和菓子。全部は味わっていないのですが、京風どら焼き みのり笠は、日持ち しますので、オススメです。
いえ、おすすめだったのですが、いつのまにか姿が消えていますね。
思うほど、和菓子は太らないのですが、みなさんごそんじでしょうか。 生クリームやバターなどを使用しているぶんだけ、ケーキは太りやすいです。 でも、どちらも美味しくて、食べるとほっとします。 やはり、生活に欠かせない美味しいパートナーですね。

楽天市場の和菓子やさんを、集めてみました。


京和菓子みずは情報

本わらび粉、和三盆、京きな粉を使い、職人が手作りしました。
今まで食べたことがないような、とろけるような本わらび餅発売中
読売新聞・関東版『甘味主義』で、ご紹介いただきました。
本わらび餅 本わらび餅 モンブラン大福 モンブラン大福
禅僧が作り出した伝統ある生麩の中に、あっさりコシ餡が入っています。 日本テレビ系列「松紳」にて紹介あり。
生麩まんじゅう 生麩まんじゅう
若々しい青い竹に京都西山の名水を使って手作りしたようかんを詰めました。 清い香りで、甘さ控えめです。 若竹 若竹
季節のお試しセット 素材によっては季節限定になってしまうので、チェックを怠ると、あーもう来年に持越しねってなこともたびたびです。 季節のお試しセット

ショッピングガイド 目次

和風くらぶギャラリー 目次