ホーム > やきものの魅力 > やきものの景色
備前焼の登り窯 備前市 備前焼の特長は、釉薬を使わずに焼き成りを景色として鑑賞することにあるのでは、ないでしょうか。
素朴で、力強く、それでいて料理や花を活かすことができる焼き物です。

備前焼は炎の芸術を鑑賞し、萩焼は貫入を愛でて育てる

火襷 火襷
器を稲わらで縛っておくと出来る模様。
コーヒーカップや、ビアマグ、菓子器などがあります。




牡丹餅と胡麻 牡丹餅
器と器を重ねおいた時にできる模様。
胡麻
薪の灰が散ってできた模様。
ギャラリーでは、皿をご用意してあります。


桟切 桟切 灰が炭化した中に埋まってできる模様。
花器に多数ご用意しています。
器は、酸化されるか還元焼成されるかで、ずいぶん赴きがかわります。
備前焼を好まれる人は渋いのがお好きなのではないでしょうか?

備前焼焼ギャラリーは、こちらです。
萩焼ギャラリーは、こちらです。

萩焼マグカップ 刷毛目と御本手 萩焼は、柔和な印象と自由なフォルム、淡い色合いが特長の焼き物です。
女性が好む傾向が強いようです。



カイラギ抹茶碗 一服碗 当サイトで、ご紹介しております萩焼は、萩焼窯元 天龍窯さん で、ご購入できます。 月に一度の、お買得セール情報もお見逃しなく。



面取り 面取り
まだ粘土が固まりきらないうちに、ヘラで一気に削り 落します。


鬼土 これは、鬼土を使った器です。見た感じとてもざっくりして、 素朴な味があります。好みが別れるところです。



御本手 御本手
  朝鮮の焼き物をお手本につくったことからそう呼ばれて います。



釉薬 こんもりと盛られた釉薬が、器をやさしく包みます。
このプチプチの気泡も、土肌と上薬の成せる技ですね。
萩焼は土の配分と、釉薬によって色んな顔を見せてくれます。
色だけでも豊富にありますので、選ぶのに迷うところです。

萩焼ギャラリーは、こちらです。
備前焼焼ギャラリーは、こちらです。

お茶べりコラム 目次

管理人が、お茶を飲みながら うだうだと語っています。
よかったら読んでやってくださいませ。

やきものコラム 目次

やきものギャラリー 目次

お友だちサイト紹介

着物のコーディネイトや、クリーニングについて画像付きで説明してくれてます。
親切で誠実なお店なので、わからないことはどんどん質問をぶつけてみてください。
ゼッタイ丁寧な対応で気持良く訪問できます。
管理人が男前だから行ってみてみて!!