ホーム > 作家さんご紹介 > 備前焼作家 山崎尚彦氏 作品その3

備前焼作家 陶尚窯 山崎尚彦氏 作品その3

備前焼の作家さん 山崎尚彦氏と、作品をご紹介いたします。
備前海揚り "備前海揚り"
海揚り、作品の首が写真では少し太く見えますが、 下から、正面からではさほど太くない、ちょうどいい 太さに私には感じますが、私はあの形が一番好き です。
一度、寸胴をツクッツテから外に手を触れず、胴を 張らして行きます。
そうすると石ハゼが自然に焼きあがりの作品を 楽しませてくれます。
でも、本当の海揚りは外のラインもへらで削り だしたはいますし、掘りコウダイもあるし、私は、 ガタがくると嫌なので、掘りコウダイはつけています。
また、肩のラインがいいように出ていなかっつたら削って整えますが、削らない土の表情の方がどちらかというと好きです

備前徳利 "備前徳利"
徳利、すわりが良いし、今時ですから300mlの容量 にしています。
一輪挿しでも使えるしこのたび考案した形です。
ぐい飲みもあっつたのですが、同じ焼きがなかった のが非常に残念!! 
うっかり屋さんでした。
全部サンギリになってしまった。

夏窯 カップ&ソーサ "夏窯 カップ&ソーサ"
コーヒーのセット、手のグリップ感、口当り感、 飲み干したときの見込みの緋スキが目に入って 楽しめるます。
手のつける各品は呑み口を先に決め、一度手の 位置(右ですが)から口につけて口当りを確認して、 手をつけるようにしています。
特に口を振らしている作品は、反対の左手で 飲むと呑み口の当たりが良くないかも知れません。
用の美、使うときのスムーズさを心掛けて、作品作り に気を配っています。

*備前焼『陶尚窯』 山崎尚彦氏作品1*
*備前焼『陶尚窯』 山崎尚彦氏作品2*
*備前焼『陶尚窯』 山崎尚彦氏作品3*
*備前焼『陶尚窯』 山崎尚彦氏作品4*


夏窯 カップ&ソーサ