岡山の伝統芸能 備中神楽


【神話】  その昔、日本が「神の国」と言われたころ、人々は自然を支配する 神の存在 を深く信じ、神への祈りや感謝を神楽によってあらわして いました。
 祭りといえば神祭りをさし、神事にのっとった神楽が全国各地で 演じられていました。

【岡山県 備中神楽】  備中地方(岡山県西部)に伝わる「備中神楽」もその1つ。
もともとは、荒神の鎮魂を願う神事が中心でしたが、江戸時代の終 わりに、国学者、西林国橋が「古事記」や「日本書紀」を題材に 「天の岩戸開き」「大国主命の国譲り」「須佐之男命の大蛇退治」 を加えた新たな神代神楽を創作し、それが備中地方一円に広まって いきました。

【舞】  秋が深まり、祭りの晩を迎えると、備中の山里には神楽太鼓の 音が響き渡ります。
 その太鼓の音に導かれるようにして厳かに登場し幽玄な舞を 披露するのは、神社庁の認可を受けた神楽師たち。神々の面をつけ、 まさに神懸かっているかのように粛々と舞う姿は幻想的で、人々を 不思議な神話の世界へと誘います。

【神楽師】  備中神楽は昭和54年には国の重要無形文化財に指定され、 現在はおよそ370人の神楽師によって伝統の舞が継承されています。
 また、全国有数の神楽どころとして知られるだけに、この地方は 伝統の面作りにおいても、多くの匠たちを輩出してきました。
こちらから、古楽面のページにおはいりください。
次ページは、*能はパフォーマンス*です。