ホーム > やきものの魅力 > 萩焼ギャラリー 典型的な、ミシマ土のお湯呑みから鉄釉まで

【萩焼】典型的な、ミシマ土のお湯呑みから鉄釉まで


お湯呑み(姫土)お湯呑み(姫土)
これが、一般的によく知られている萩焼の姿ですね。
萩焼の代表選手みたいなもの。
萩焼は、熱伝導率が低いということで、お茶が冷め難く長く温かく味わうことが できます。
お湯呑み(姫土)お湯呑み(姫土)
姫土とは、非常に細やかな土です。
但し、この器の場合は、白釉薬をぼってりと、貫入もはいっているため、いささか手触りは その部分 ぼこぼことした感じがあります。
シンプル好みの方には、抵抗があるかもしれませんが、このぼてぼてが好きだと言って くださる女性が多いんですよ。
お湯呑み(御本手)お湯呑み(御本手)
白い釉薬と、御本手のプチプチ模様が和やかな雰囲気 そうですね、形も丸っこく て、ところどころに指で押した凹みもあり、手作りの温かみを感じます。
大き目のお湯呑み。たっぷりとお茶を飲みたい方に、お薦めです。
お湯呑み(鉄釉)お湯呑み(鉄釉)
鉄釉薬は、酸化焼成りの表情を見せてくれます。
うまく表現ができませんが、墨流しの雰囲気といえば、おわかりいただけるかと 思います。渋いです。趣があって、気持ちが落ち着く器です。
お湯呑み(白釉)お湯呑み(白釉)
白い釉薬が全体にかかって、陶土は高台で露出しています。
この ぽってりとした感じがお好きな方も多いんですよ。
お茶が まろやかな味になりそうな気がしてきます。
むき出しの高台は、ペーパーで研磨してお使いいただくと、テーブルを傷つけません。
お湯呑み(御本手)お湯呑み(御本手)
思い切りのいい ろくろ目が、スベリ止めの役目を果たしてくれています。
全体に広がる 御本手は、しばし見入ってしまうくらい美しい景色をつくっています。
やきものは、窯の中の位置で ひとつひとつが、まったく違う表情をつくります。
たとえば、上の画像は、オレンジ色に発色しています。同じ釉薬をかけても、こんな 風に、炎のなすがままに完成されます。
お湯呑み(白釉)お湯呑み(白釉)
一部 陶土が見えています。故意に、こんな釉薬のかけ方をしています。
白い釉薬ですが、光線の加減によっては、青みがかった白に見えたりもします。
このへんが磁器とは異なるところで、同じような条件で作陶はしても、窯の中に 入ると、自然におまかせで、出てきた器を愛でながら使う。生き物みたいなもの ですね。