萩焼には、釉薬・貫入・陶土・造詣など多岐にわたる魅力があります

御本手
御本手とは、お手本という意味。
これには色んな解釈があって、朝鮮から渡ってきた焼き物を手本にして作陶されたと いう意と日本で手本を作り高麗の窯で焼かせた意があります。
一般的には、御本手という形を捉え、朝日のように模様が広がっているものをさします。
観音さまの背後から御光が射すという言いますが、その光の手が広がって、 陽ざしを写し採ったことからくる文様という説がそうですね。

萩焼には、釉薬・貫入・陶土・造詣など多岐にわたる魅力があります

萩焼の技法 ろくろ目 ろくろ目
これは、轆轤を回転させるときに故意に強弱をつけて、波立たせたような紋様をつける技法です。
お湯飲みやフリーカップなどでは、指が滑らないようにと言う配慮から、ちょうどいい高さにろくろ目をつけることも、くぼみをつけることもあります。
刷毛目
朝鮮李朝の器によく見られる装飾技法です。
白泥を刷毛で器に塗りつける方法で、刷毛の勢いがあるものが良いとされています。

絵付け
説明するまでもありませんが、器の表面に絵画を施す装飾です。
萩焼では、あまり見ませんが、粒子の細かいミシマ土の器に施されることがあります。

面取り
成型の段階で、ヘラで粘土を削ぎ落とす技法です。
ダイナミックでシャープな器に仕上がります。


萩焼は使う土や釉薬によって、出来上がりの変化を楽しむことができます。


白釉薬
貫入
焼かれたときに、素地と釉薬の収縮率の差で生じる亀裂のことです。
使い込んでいくうちに、茶渋などがしみこんで、だんだんと変化していくことを、萩の七変化と読んでいます。

萩焼は御用釜として発展。茶陶もたくさん作られました。


粉引き
粉をふいたように見えるので、こう呼ばれています。
これは、胎土に白土を塗り透明釉薬をかけて焼いたものです。


萩焼の特長として知られているのが、割高台と貫入。

割高台
器の底についている台のことです。これは、あとからつけるものと、削り出す技法とがあります。
庶民が使う器と、位の高い層が使う器を判別するために2〜4箇所に切り目を入れたという伝えもあります。


井戸型
茶人の間では、一井戸・二楽・三唐津 として珍重されていた萩焼茶碗のかたちです。
これは、朝鮮で焼かれた高麗茶碗を倣ったもので、大振りな深井戸、小振りな小井戸、浅い青井戸などがあります。


櫛目
櫛で、つけた紋様です。
櫛目の粗い細かいで、器の表情が変わります。



ミシマ土
非常に粒子の細かい土です。
萩焼と言うと、裾に土の肌色を思い出す人も多いと思います。




かいらぎ


漢字で表すと梅花皮 です。刀剣の柄の部分も同じ呼び方をします。
刀剣の柄は鮫の皮で作っています。そのざらざらとした 感じと、この器のような模様が非常に似ていることから、こんな 名称がつきました。

焼き締め
釉薬をつけないまま、高温で焼く方法で、硬く焼き締められます。
備前焼では、一般的です。

次は萩焼ギャラリーです。