ホーム > やきものの魅力 > 萩焼ガイド > 萩焼の取り扱いかた

萩焼は、使いこんで貫入の変化を楽しむ器

高台の処理について、お話します。
ふつう高台は釉薬がかかっていないため、砂を含んだ陶器などそのままだと ざらざらして食卓や折敷を傷つけることがあります。触られて気になる 様でしたら紙や布やすりで処理されることを、お勧めします。

陶器である萩焼は磁器等に比べ質が粗くできていますので使い始めに 水漏れする場合があります。
しばらくそのままお使い頂くと茶渋等の浸透により自然にとまりますが 漏れが続くようでしたら製品をよく乾燥させ、オモユ・フノリ等を 入れてしばらく浸けておいて下さい。

  また土ものは、番茶で煮ると丈夫になるといいます。鍋にたっぷりの 水をはり、ほうじ茶を入れて陶器を沈めます。
それから四〜五十分ほど煮て、さましてから洗います。
備前等の槙・もの、あるいは粉引きや貫入のあるもの等、 焼きが締まって丈夫になります。また汚れや匂いがつきにくい等の 効果もあります。湯呑も茶渋がしみ込む事がありますが、 こうした処理をしておくと、あとまできれいに使えます。
(但し楽焼は逆に柔らかくなるので避けてください。)

食器類は酸味、油分、塩分等の強い食品を入れたままご使用になります、縞 貫入(ヒビ)に浸透し、シミ、異臭、べとつきの原因となりますので 長期間のご使用は避けてください。

萩焼きを電子レンジで使うことは基本的に避けて下さい。
高温になるので、釉薬が変色したり割れることがあります。
洗い終わった器はよく乾燥させてから収納下さい。特に焼きの柔らかい楽や 織部、備前、萩など水気を充分に取っていただき収納しませんと、 かびなどの原因となるので注意が必要です。

次は萩焼の景色です。