ホーム > やきものの魅力 > 萩焼ガイド > 萩焼旅茶碗は、どこから

萩焼旅茶碗は、庶民の手に届くものだったのでしょうか?

まずは、お茶の歴史から、触れていくことにします。
中国雲南省からインドのアッサムの山地ではないかというのが、一般的な推論のようです。
当たり前に飲んでいるお茶ですが、はっきりといつできたと証明することはできていないようです。
お茶という概念抜きで、それに近いものが飲まれていた、あるいは、食べられていたとい うことはありえると思います。きっと、どこかで研究されている方がいらっしゃるはず。 その方の成果を待つことにして。
日本では、平安時代に中国へ渡った最澄、空海が茶種を持ち帰り比叡山の山麓に植え ますが、そのお茶の木のその後のことは、記述がありません。
尚、当時の中国では蒸した茶の葉をウスでつき、団子にしたものを湯に溶かして飲ん でいたそうです。
ほら、今とは全然違う飲み方ですよね。
ウスでついたとありますが、つなぎには何をいれたのでしょう?
お茶だけでもパサパサにはならず、団子にできたのでしょうか?
気なるところですが、ま、これも調べていらっしゃる方の発表を待ちましょう。^^)
時代は、鎌倉時代に移ります。
栄西禅師が抹茶の種を持ち帰ります。そして、高山寺の開祖明恵上人などに分け与えます。
高山寺で育てた木が京都栂尾に移植され、宇治など各地に広まります。
これが宇治茶発祥ということになります。
喫茶の習慣が広がっていく中で、お金儲け、ひらたく言うとギャンブル。
お茶の席を賭け事に利用した時期もあったようです。
お茶当てを楽しみ(京都栂尾の茶か、それ以外か)高価な茶道具や太刀、掛け物 金銀が掛けられたそうです。
このことから想像してみるに、まだまだ、茶の湯は、庶民には手の届かないもの だったようです。
いったい旅茶碗は誰が使っていたのか?
うーん。なかなか困難をきわめておりますが。
次にいよいよ千利休が登場します。
茶人として、あまりにも有名な人物です。
大阪は堺の裕福なととや(魚屋)に生まれ、早くから茶の湯に親しみ武野紹鴎に わび茶を学び、秀吉の茶頭として仕えました。
話しが逸れますが、利休が打ちたてた茶室に2畳ほどのものがありました。
それは、あらゆる贅沢品から離れ、これ以上削るものはないとするくらいの緊張感の 中につくられたもので、ひとことでいうなら「わび」の世界だったのだと思います。
そののちに、利休の最後の弟子といわれる古田織部が、これとは全く対照的な茶の 誂えをします。
 利休は、贅沢を知っていたから、それを拒否することに何の迷いもなかったのかも しれません。
これもまた、庶民の暮らしとは別の世界の話です。
そうでした。忘れてしまうところでしたが、室町時代に出た村田珠光が、利休よりも先に 侘び、寂びを理念とする茶道を確立します。足利義政の時代ですね。

足利善政・・・・・村田珠光  足利幕府が宇治茶を奨励
豊臣秀吉・・・・・千利休
茶碗戦争が起きます。この時、朝鮮から連れてこられた李兄弟が萩に御用釜を開きま す。これが、萩焼きの源流となります。
朝鮮で焼かれた高麗茶碗がもてはやされたのもこの頃だったようです。

高麗茶碗・・・・ようやく萩茶碗に近づいてきました。

高麗というのは、時代を示す名称ではなく、当時朝鮮のことを、高麗と呼んでいたこと からつけられた名前だということです。
高麗茶碗を称賛してつかわれる言葉が 「一井戸 二樂 三唐津」です。
桃山時代を経て、江戸時代に、宇治でお茶を蒸し揉み、乾かすと言う製法を永谷宋円と いう人が完成させます。これが、宇治茶の始まりで、江戸ではとても好評だったようです。
これ以降、庶民の間でもお茶を飲むようになるらしいのですが、どんなお茶をのんでいた かは?です。
次は萩焼の取り扱い方です。

やきものコラム 目次

やきものギャラリー 目次

お茶べりコラム 目次

管理人が、お茶を飲みながら うだうだと語っています。
よかったら読んでやってくださいませ。

お友だちサイト紹介

お茶のウンチクテンコ盛り。もちろん、おいしいお茶の点て方など教えてくださいます。