ホーム > やきものの魅力 > 萩焼ギャラリー 萩焼ご飯碗

【萩焼】萩焼ご飯碗


夫婦ご飯碗 姫萩 夫婦ご飯碗 姫萩
画面左側が、奥様用ですね。(笑)通常はですが。
典型的な姫萩の美しく、楚々とした器です。
粒子が細かいので、お時間と費用はかかりますが、記念の言葉をお入れすることも できます。
真上から、見ますと陶土の ほんのり肌色がグラデーションのように柔らかい雰囲気を 添えてくれています。

夫婦ご飯碗 姫萩 夫婦ご飯碗 白萩
白釉薬がきれいにコーティングされた美しい器です。 作陶をされる人には、器の周囲に釉薬が定着しにくいことは、おわかりと思います。
土ものは、これがいいアクセントにもなっています。
真っ白な飯碗に、ほかほか白米。湯気が立つのが見えるようですね。
どうぞ、ご夫婦円満に。いつまでも向かい合って美味しい食事を楽しんでくださいね。


夫婦ご飯碗 (白) 夫婦ご飯碗 (茶)
夫婦ご飯碗 蓋付組飯碗/(ビワ)
枇杷色の蓋付き組み飯碗です。
蓋にも器にも白化粧土の刷毛目が見えます。
おわかりいただけますでしょうか?
たいへんに、落ち着いた色合いの気品のある器です。
お若い方から、ご年配の方まで年齢問わず、お使いいただけると思います。
蓋付きというのは、今はあまり見かけません。お丼ではありますが。 重宝いたします。


夫婦ご飯碗 睦揃 (ヒメ・ビワ)
姫萩と、枇杷色の飯碗とおそろいのお湯呑みのセットです。
ロングランの人気商品です。
どちらも同じ大きさですので、お好みで、お使いになってくださいね。
手に馴染むころんとしたお碗状の飯碗と、少しダルマっぽい曲線のお湯呑みは きっと、お食事をなごやかなものにしてくれると思います。
敬老の贈り物にも喜んでいただけますね。

ご飯碗 どんぶり (粉引)
分かり難い写真で、すみません。
粉引きとは、白化粧を素地の上にのせ、透明釉でコーティングする技法です。
赤い陶土の色を、さらに際立たせるためにすることもあります。
少し、粉が吹いたように見えるため、粉引と呼ばれています。






ご飯碗 どんぶり 
(御本手)
こぶりの 丼です。 御本手の ぽっぽっとした桜色が愛らしい器ですね。
ちょっと手抜きしたいとき、スーパーやコンビニの、丼モノをチンして、この どんぶりに 移し変えれば、見た目にも美味しい 丼ご飯の出来上がりですよ。
守っていただきたいのは、面倒でも、萩焼の器を電子レンジではチンしないで下さいね。
ごく稀にですが、釉薬が溶けたり割れる心配があります。



ペアご飯碗 二彩碗 
(御本手・白釉)
丼を見てますと、お茶漬けが食べたくなりませんか?
冷たいお茶漬けを美味しそうに食べてるCMがありますが、やっぱり 熱々ご飯じゃ ないと、無理があるような気がします。私だけでしょうか。
さて、この丼。少しコンパクトサイズですので、男性の場合は、ご飯茶碗としてお使い いただいてるようです。どうしても口元の視界に近くなる分、白い器は、清潔感があって、 さわやかで、使っていて気持ちがいいという、なかなか繊細なお声も聞きました。
形あるものですから、いつかは手元から離れていきますが、一品一品を大切に使い 込んでいただけたらなーと思います。愛着がわきますよ。

ご飯碗深鉢 (刷毛目)
轆轤目も、刷毛目も、勢いのある 深鉢です。
このシャープさに、ほんのり淡い肌色ピンクの丸い御本手の模様が、味を添えています。 この器、あなたなら何を盛りますか?
高さも周囲も、ここでご紹介する どんぶりの中では最大です。
すきやき丼なんていかがですか?真ん中に卵をポン。
見た目もきっと美味しくお召し上がりいただけますよ。

ご飯碗 どんぶり (白)
ご飯大好きな方には、喜んでいただける丼。ご飯茶碗としてお使いください。
食べ盛りの お子さんや、頑張るお父さん、男前の彼女にもお薦めします。
意外にもお米にはタンパク質が結構含まれています。お米の美味しい度合いは、この タンパク質の含有量にもよるらしいのです。
目にも柔らかな器で、美味しい食事の時間を、和やかに過ごしていただけたらと、思い ます。


夫婦ご飯碗 組飯碗(御本手)
陽の光が射しこんで、水面でキラキラと輝いているかのような御本手の模様。 淡い風合いに、ピンク色のふわふわ模様が、かわいらしい器です。
そのまるで、和菓子のようなころんとした器の真ん中より少し上に、すーっとラインが 走っています。これを、線紋と言います。少し、締まった感じがあります。
新しくカップルになられた方へのプレゼントにいかがでしょうか?
こういうコロンとした形の飯碗は、あまり見受けません。喜んでいただけます。

夫婦ご飯碗 ひねり組飯碗 
(窯変)
ろくろ目と、歪みが特徴的な飯碗です。 人と違ったものが好みという方には、触手が動くのではないでしょうか。
私も、この器 気になります。貝のように見えませんか。
釉薬がのっていない部分の土の色と露出加減が、おしゃれです。
ご飯ではなく、真っ赤な苺などを乗せてみたくなります。
あるいは、水を張って 花一輪浮かべてみるとか・・・色々 想像させてくれる器です。 モダンで、センスのいい器です。

夫婦ご飯碗 睦揃 (御本手)
こちらのセットは、女流作家の器になります。
御本手の柔らかな風合いに、器の上部に刻まれたラインがキリリと印象的な器です。
御本手とは、高麗から伝来した技法でして、蛍の光のように、ぼんやりと輪の模様が 器に現れる表情です。これは、釉薬が窯の中で変化することに寄ってできるものです。
また、朝日が射しこんで、光のきらめきが、あちこちに輝く様子を表すことから縁起が 良いと喜ばれています。

夫婦ご飯碗 (刷毛目)
重厚な雰囲気の夫婦飯碗です。
画像がわかりにくくて申し訳ございません。
夫婦ご飯碗 (刷毛目) 夫婦ご飯碗 (刷毛目) 夫婦ご飯碗 (刷毛目)
小鉢に同じ技法を用いた同じ作家のものがありますので、ご参考にしてください。
刷毛目と言う技法は、陶土に白化粧泥を刷毛で一塗り、その上から透明釉薬で コーティングするものです。経年で、また渋く味わい深い器になります。


夫婦ご飯碗 (御本手) こちらは、女流作家の作品です。
水玉の御本手模様が散りばめられた華やかな器ですね。
底の釉薬の処理の仕方も、少し素地をチラ見せで、愛嬌があります。
高台周辺の色が、濃い目で おしゃれな器です。
ぐーんと上に広がっていて、食べやすく、よそい易く計算されていますね。
魯山人がそうであったように、美食家の作る器は、おいしく食べるように作られています。

ご飯碗 どんぶり 
(姫萩)
シンプルな萩焼小どんぶりです。
少し小腹が減ったというときなど、お茶漬なんていかがでしょうか?
あるいは、コンビニで買った 丼モノなど、この器に入れ替えると、また格別のお味に なるかと思います。コンビニ弁当 結構おいしいと思います。材料も添加物にも気遣い を感じますし・・・難点はプラ容器です。時間がないときは、利用して、器は和みの 萩焼などを利用していただければ、食事も会話も弾みますよ!
典型的な姫萩の器、肌色も愛らしく長くご愛用いただける息の長い お品です。