ホーム > やきものの魅力 > 萩焼ギャラリー 萩焼銘々皿

【萩焼】萩焼銘々皿


萩焼銘々皿(白萩)萩焼銘々皿
結構 大きさも深さもあります。カルパッチョなどでも似合うかと思います。
白萩は、飽きの来ないシンプルで清楚な味わいの色味です。
盛るものを選ばず、長く 使っていただける器だと思います。

萩焼銘々皿(白釉)萩焼銘々皿(白釉)
この ぼってり感が、うつわの温かみを醸し出していますね。
重ねましても、うまくピタリと合わさりません。
いかにも素朴で、手作りの味わいです。でも、少し場所を取りますか・・・ 白釉薬が生クリームのように ふんわりと乗った角皿。用途は多岐にわたります。 贈答品としても お薦めです。

萩焼銘々皿(白釉)萩焼銘々皿(白釉)
これは、たたらつくりと言いまして、一枚モノの粘土を丸く成型し、周辺が持ち上がるように 下に台を、ぐるりと回り置きし、乾燥させ窯に入れ素焼きをします。
ここからは、いつもの手順で、白釉薬を被せて再度窯入れです。
乾燥が充分でないと、パーンと割れたり、ヒビが入ります。作る工程ひとつひとつに 人の目が行き届いています。

萩焼銘々皿(煮物皿白釉)萩焼銘々皿(煮物皿白釉)
スカートの裾が翻ったような、そりが特長ですね。
萩の基本的な景色の器で、姫萩の陶土の柔和な表情も優しい器です。
用途は、汁物のお料理を盛るのに適しています。
カブの和風仕立てスープなんかどうでしょう?
服部 道江氏 女流作家さんの手になる器です。

萩焼銘々皿(煮物皿)萩焼銘々皿(煮物皿)
美しい器です。同じタイプで、コーヒーカップとソーサーのセットも揃います。
一部、翻った箇所に 作家の おしゃれな感覚を感じます。
深くなっていますので、汁物を入れていただくといいでしょう。
スープとか、煮魚、ポタージュ、カレーや、スープパスタもいいでしょうか。
食材の彩が不足しているときに、この器がカバーしてくれるかもしれないですね。

萩焼銘々皿(御本手煮物皿)萩焼銘々皿(御本手煮物皿)
御本手のきれいなピンホール模様が特徴のお皿。
画像では、横長に見えていますが、径が18センチの丸い深皿です。
季節によって盛るお料理・・・夏でしたら、ひとり分のソーメン、寒い時期にはカボチャの ポタージュだとか、色彩が想像できて、考えるだけでも楽しくなる器です。

萩焼銘々皿(御本手)萩焼銘々皿(御本手)
太陽にかざして、まばゆい光を点在したようなお皿です。
浅いお皿ですので、焼き物がいいでしょうか。
果物をのせてもいいですね。夏にはガラスの器が見た目も涼しげですが、干し柿 なんてお似合いだと思います。
貫入が、入ると さらに味わい深いお皿になって、生活の中の歴史も相まって手放せない 器になるでしょう。新婚さんにお薦めいたします。

萩焼銘々皿(白釉)萩焼銘々皿(白釉)
作家さんの指跡を感じるお皿です。
分厚く、釉薬もぽってりとのっており、いかにも無骨で粗野ではあるけれど、愛らしさ も感じるうつわです。
難点を言いますと、少し重たいです。安定感はありますが、ご年配には不向きだと 思います。まず、お使いいただく前に水洗いをしてください。いきなり熱い湯の中に 入れると、貫入が閉まりきらないうちに水が浸透し、水分がにじみ出る原因になります。 萩焼の器は、手をかけないといけないやきものですが、数寄者には、そこがまた魅力 でもあります。

萩焼銘々皿(たたら小皿)萩焼銘々皿(たたら小皿)
底に向かって、溜まった釉薬の色の変化を楽しめる器です。
たたら作りと言うのは、一枚陶土を、曲げて成型しつくる技法です。
5枚すべてが微妙に形が異なっています。
地味な風合いの器です。おひたしなど盛り付けていただくと映えますね。

萩焼銘々皿(白釉)萩焼銘々皿(白釉)
ざっくりと、仕上げられた白釉薬の なめらかなお皿です。
釉薬ののったところ、のっていないところのボコボコ感が極めて少ない ないと言っても いいくらいの つる肌の器です。
光沢も感じられますね。あまり過飾を好まれない方にはお薦めです。