ホーム > やきものの魅力 > 萩焼ギャラリー 萩焼

【萩焼】萩焼小鉢


萩焼雀小鉢(刷毛目)萩焼雀小鉢(刷毛目)
刷毛目とは、この画像でおわかりいただけるように、ブラシでさっと撫でたような模様を いいます。片口を嘴に見立てて、色合いと、刷毛目を羽と見て雀小鉢と名づけられ ました。
横から見ていただくと、丸いぼかしのような模様が見えますが、これを御本手と言い ます。川を飛び交うホタルのように見えませんか?
深さもありますし、大きさもかなりあります。汁物でも和え物でもオールマイティです。

萩焼小鉢(刷毛目)萩焼小鉢(刷毛目)
上記小鉢のスタイルそのままに、高さを低くしております。
御本手は、入っていません。
まるで、お皿のような器ですが、片口は、水分を落とすのに充分 機能を果たして くれます。積んでも高さを取らない まとまりのいい器です。
焼き物、煮魚などをのせては、いかがでしょうか。

萩焼片口小鉢(刷毛目)萩焼片口小鉢(刷毛目)
この歪みが、好みのわかれるところだと思いますが、いかがでしょうか? 大胆な刷毛目が、自然の造形物のような力強さも感じさせてくれます。 豪快に盛り付けるも良し、品良く 真ん中に まとまって盛り付けるも良し。 いろんな 惣菜をあわせて目にも愉しませてくれる器です。

萩焼小鉢(白萩)萩焼小鉢(白萩)
小鉢と言うには大きさがありますので、用途は広がります。
白い器には、なんでも似合いますね。
白の釉薬が清楚です。ころんと丸い形は、手になじんで食も進みますね。
ひとつは揃えておきたい小鉢5個セット。
まんべんなく釉薬が載り、ガラス質にコーティングされていますので、後片づけも 簡単だと思います。便利で利用価値の高い器です。

萩焼小鉢線紋向付揃(御本手)萩焼小鉢線紋向付揃(御本手)
かすかにボンヤリとしか見えませんが、桜色の御本手が愛らしい器です。
また、レースのようにも見える縁取りが おしゃれな小鉢です。
食事の場面で、話題になりそうな器だと思いませんか?
端がめくれているのも、持ち良さそうです。
お茶の席ではないので、裏を返してみることもないかもしれませんが、底はシックな 色で、きりりと締まった雰囲気になっています。

萩焼小鉢四方向付揃(御本手)萩焼小鉢四方向付揃(御本手)
鍋ものの取り皿としては、いかがでしょう?
安定感もありますし、淡い色と、御本手の桜色も花を添えてキレイな器です。
御本手というのは、光が四方に散って輝いている様を表現したと、いわれています。
水面に映り ゆれる光のようにも感じます。
女流作家さんならではの、優しい雰囲気の器ですね。
テーブルが、明るくなります。

萩焼小鉢(姫萩)萩焼小鉢(姫萩)
手乗り豆小鉢ですね。 小さいので、文字通リ お豆さんを入れると、ころころと逃げなくて食べやすいでしょう。
萩焼の典型的な白釉薬が薄く載って ほんのり陶土の肌色が色を添えています。
小さなお子さんの離乳食用にもなりますね。 大きさも手ごろですし、萩焼は熱伝導が低いために、この小鉢を持つ手も熱い思い をしなくてすみます。職人さんが、ひとつひとつ手作りした想いも感じ、萩焼の和らぎ も感じ、優しい食事のひとときになりますね。

萩焼小鉢(刷毛目)萩焼小鉢(刷毛目)
白化粧土で、さーっと一筆の刷毛目が特長ですね。
思い切った刷毛目の太い白いラインの上に、ほのかにピンクの丸い模様が美しい 小鉢です。
ダイナミックさと、可憐さが共存する個性的な器だと思います。
ふろふき大根や、カボチャの煮たのがのっているのを、ついつい思い描いてしまいます。
器ひとつでテーブルが変わります。良い お品を長くお使いくださいね。


やきものギャラリー 目次

萩焼は楽天市場で、ご購入可能です

やきものコラム 目次

お茶べりコラム 目次

管理人が、お茶を飲みながら うだうだと語っています。
よかったら読んでやってくださいませ。