ホーム > やきものの魅力 > 萩焼ギャラリー 萩焼フリーカップペア

【萩焼】萩焼フリーカップペア


萩焼フリーカップペア ヒメ土のピンクの地肌に白い釉薬は、萩焼きのスタンダード。
窯の中の位置で、微妙に枇杷色の濃淡が出てきます。
ひとつとして、同じものはない・・・いいえ できるはずがないのです。
そこが、鑑賞に値するところ、器を大切に扱うことにつながるのでしょう。


萩焼フリーカップペア 麦絵 絵柄が お好きな方には気に入っていただけると思います。
一品一品 手作業で描きこんでいくことを想像すると、似て異なるカップですから、 貴重な器です。
温かいものでも、冷たいものでも なんでも入れていただいて 美味しく お飲みください。



萩焼フリーカップペア 御本手 御本手とは、朝鮮から学んだ技法を、お手本にして作ったということから御本手 といわれるという説。お手本ということですね。
観音さまの背後から御光が射すという言いますが、その光の手が広がって、 陽ざしを写し採ったことからくる文様という説があります。



萩焼フリーカップペア 白萩 このカップは、ロングセラーでした。
忘れもしません。私が、この お店をオープンして一番初めにお買い求めいただいたのが このカップでした。
反り返った口当たりが、とてもいいのです。素直に飲み物が、入っていきます。
ろくろ目もきれいに入っています。さわやかな紫帯びた水色の発色もセンスが いいと思います。

   萩焼フリーカップペア 白釉 白い釉薬の ぽってり加減に 温かみを感じる器です。
ペアですが、両方とも同じサイズですので、ホームパーティなどで使われる際には 数組揃えて差別感なく ご使用いただけます。





萩焼フリーカップペア 刷毛目 まるで、幅広のリボンをまとっているようなカップですね。刷毛目に乱れがないのが 一目瞭然です。
轆轤を回す熟練にも相当年 かかります。とても キレイで端正なカップです。
中性、酸化というのは、窯に入れる位置によって焼なりが変わり、出来上がりの表情が 異なることを、想定しながらしますが、釉薬(アルミナやシリカなど)でも表情が変わり ます。

萩焼フリーカップペア 刷毛目/御本手 向かって左側が、刷毛目です。見ての通リ刷毛で、さっと ひと振りした白釉薬が 黒地に白ゴマのボディと相まって、シャープ。
一方、右側のグラスも足元の黒ゴマ模様が安定感を見せ、ろくろ跡も美しく モチロン、御本手という陽射しが四方へ飛び散った文様といわれる柔らかな 色合いも萩焼ならではです。

萩焼フリーカップペア 夫婦フリーカップとしては、一番人気です。
高台にかけての暗色が全体を引き締めます。御本手も、きれいに点在しています。
御本手というのは、後光が射して陽が、あちこちに落ちている景色を映しています。
朝鮮から伝来した萩焼ですので、技法も朝鮮からたくさん学びました。
轆轤を回しながら、指を添える加減で、こんな螺旋の文様がつきます。
作り手を感じるやきものです。
萩焼ペアロックカップ 雫釉 渋好みの方には、お気に召していただけるカップです。
ほぼ、正方ですので、安定感もあります。
形状から 蕎麦ちょことしてご使用いただいても いいと思います。アクセントになっている削り模様が、すべり止めの役目をしています。



萩焼ビアカップペア 白釉 ヒメ土のピンクの地肌に白い釉薬は、萩焼きのスタンダード。
ざっくりとした削り跡は、デザインの意味もありますが、滑り止めの役目も兼ね備えて います。実用的でもあり、鑑賞にも堪える。やきものには、そんな魅力があります。



萩焼ビアカップペア 焼締め 無作為に削り取られたフォルムが、粗野な雰囲気で、お酒も ぐびぐびといけそう です。
焼き締めという技法は、釉薬を使わず、陶土の味わいをそんまま楽しめる 素朴なものです。
一切 飾り気のない この焼締めは、萩焼のみならず備前焼、越前焼き、益子焼 など多くの陶もので使われています。