ホーム > やきものの魅力 > 萩焼ギャラリー 萩焼フリーカップ(単)

【萩焼】萩焼フリーカップ(単)


萩焼ビアカップ 焼締 焼き締めは、備前焼などでは一般的ですが、萩焼では釉薬を使うので、あまりありません。
貫入を釉薬を使わず高い温度で焼成をするために硬く締まります。萩焼の特長である貫入は、はいりませんが、貫入をあまり好まれない方には、この焼き締めのグラスお薦めです。
一見 不安定なスタイルも おしゃれだと思いませんか!

萩焼ビアカップ 焼締 ヒメ土のピンクの地肌に白い釉薬は、萩焼きのスタンダード。
窯の中の位置で、微妙に枇杷色の濃淡が出てきます。
ひとつとして、同じものはない・・・いいえ できるはずがないのです。
そこが、鑑賞に値するところ、器を大切に扱うことにつながるのでしょう。

なごみの一福碗(粉引き)・木皿付 上の画像では、ずいぶんと黄みがかかって見えますが、粉引きですので、ベージュ と思っていただくといいかと思います。
こちらは、お抹茶碗を、そのまま小さくしたような器です。
前に陶製のスプンを置いたのは、日本茶以外でも お使いいただけるという提案です。 お味噌汁などや、ポタージュもいいですね。
どんどん演出を愉しんでくださいね。木皿は、少し赤みがかかって器を惹き立てて います。

なごみの一福碗(窯変)・木皿付 濃い目に見える箇所は、深い緑色です。
これは、高い温度で焼かれたために釉薬が変化をして白い釉薬が変化しました。
窯変・・・ようへん と読みますが、萩焼に限らず陶器では、使われる技法です。
器の上部に、なだらかな凹みがありますので、指を置いてもすべりません。
こうすることで、さらに きゅっと閉まった落ち着きのある風情を見せています。