ホーム > やきものの魅力 > 萩焼ギャラリー 萩焼コーヒーカップ

【萩焼】萩焼コーヒーカップ


萩焼コーヒーカップ 萩焼の枇杷色が、色を放つ御本手。
エスプレッソコーヒー用ですので、少し小さめな作りですが、通常のコーヒーでも ココアでも、ホットミルクでも、見た目もおいしくいただけます。
口受けが反り返っていて、飲みやすくなっています。








萩焼コーヒーカップ こちらは、少し暗色の陶土に白釉薬をかけていますので、シャープな雰囲気が あります。
萩焼の定番の姿からは遠いのですが、昨今 あまりやきものブランド に、こだわらない方が多いですので、ひと目惚れで自分用に買い求めいただいて います。
もち手の ひねりも アクセントです。
あまり目立ちませんが、作るとなると ひと手加わります。おしゃれな器です。


萩焼コーヒーカップ ひと目見て 注目は、持ち手でしょうか。
これが意外に、持ちやすいんですよ。
私は、イタズラ心で耳の形をした取っ手をつけて、ブーイングだったことが ありました。確かに持ちにくかった・・・です。
白萩は、飽きが来ませんし、貫入りもどんな姿を見せてくれるか、楽しみな カップです。



萩焼カプチーノカップ 御本手 陽射しを受けて水面が揺らいでいるような御本手の文様。
少し小さめの持ち手。カップ単独でも、もちろんサマになります。
抹茶カプチーノに、ソーサーには、季節の和菓子で、どうでしょう。
お茶時間が、ゆっくりと過ごせそうです。



萩焼コーヒーカップ ろくろ目が、下に行くにしたがって細かくなっていますので、土目に乗らない 白釉薬が流れ落ち、陶土が顔をのぞかせています。
これも また味わいです。どことなく品があります。
カップ単品でもソーサー単品でも、用途が効きますね。
すがすがしい感じの仕上がりとなりました。



萩焼三角コーヒーカップ 特長のあるセットです。
ヘラ削り、御本手の技法が使われています。
そして、注目するのは ソーサーのトアイアングルと、カップの取っ手ですね。
個性的な器好きの方には、お薦めです。




萩焼コーヒーカップ 御本手 いかにも、人の手がかかっている器ですね。
御本手と言われる、太陽の陽射しが散々と反映した文様も見事です。
高台の暗色が、器を引き締めています。
持ち手は丸く、少し小さめです。珈琲を、たっぷり目に注ぐと不安定になりそうな時は 両手で抱えてください。萩焼の器ですから、器まで熱くなる事はありません。
ご年配の方にも、お子さんにも安心な器です。

萩焼コーヒーカップ 御本手 さわやかな空色の高さのあまりないカップです。
広がりのあるカップですので、紅茶などにも ご利用ください。
服部よしえ氏と言う女流作家さんの作陶です。
紫と白みがかった淡いブルーが、溶け合ったり、単独色ものぞいたりと、文様は
なるがままですが、うるさく感じないのは、色調が一定であることだと思います。
持ち手にも、一味加えて、持ちやすくしています。
いい仕事をしていると思います。(と、言いますと中島先生のマネになりますが・・・)