ホーム > やきものの魅力 > 備前焼ギャラリー > 備前焼 湯呑み・珈琲カップなど

【備前焼】湯呑み・珈琲カップなど

焼き締めるから、見た目を裏切って意外に持つと「軽いっ」て、思います。 前へ/次へ
桟切 蓋付湯呑 緋襷 湯呑2個 桟切 湯呑2個 桟切 蓋付湯呑 緋襷 コーヒーカップセット 桟切 コーヒーカップセット 桟切 マグカップ 桟切 ミルクピッチャー2個 緋襷 ミルクピッチャー2個 桟切 シュガーポット

備前焼 桟切 ミルクピッチャー2個 備前焼 桟切 ミルクピッチャー2個

このお湯呑みは、桟切が鮮明にでています。
人間国宝 (故)山本陶秀を父に持つ雄一氏指導の窯で焼成りをしています。
およそ半月をかけての窯焚きで、堅く焼締められますので、見た目よりも 驚くほど軽く、しかも丈夫です。
 備前焼を愛していた文化人(と言っていいでしょうか)魯山人は、備前の器は 料理を際立たせもするが、己の存在も主張するたぐいまれなる焼き物だと絶賛 しました。
私も、お湯呑みは備前焼です。
逸品を生活に取り入れることで、心豊かな気持に浸れます。
友人には、「渋っ!」って笑われてますが・・・

備前焼を末永く安全にご愛用して頂くために

いつまでも末永くお使いになって頂くために、  次の点にご注意下さいますようお願いいたします。
◎備前焼は良質の陶土を長い日時をかけてじっくり焼き締めております。
 熱に敏感で、急激な温度の変化で破損することがあります。
◇酒器・茶器などは、急に熱湯を注ぐとか、直接火に当てないように、水または、ぬるま湯で洗って  から使って下さい。
◇お酒を燗する場合は、別の容器であたためたものを徳利に移すのが良いでしょう。
 又、徳利にお酒を入れ、電子レンジで燗をするのは良いのですが、オーブンは使用しないで下さい。
◎備前焼はうわぐすり(釉薬)を使っておりませんので、器肌がなめらかではありません。
◇花台、棚、テーブルなどに傷がつくことあります。敷物をして使って下さい。
◇一つ一つ水漏れの検査はしておりますが、万一の水漏れにはご注意ください。
◎備前焼は堅牢な焼き物です。
◇地震などで倒れたり、落下して動植物に当たったら大変です。安全な場所でお使い下さい。

備前焼の味わい

桟切

桟切
灰が炭化した中に埋まってできる模様で、還元焼成です。
窯の内部の仕切りの場所に置くことから「桟切」と呼ばれて いるようです。
窯焚きを止める前に、炭を投入すると鮮明な桟切となります。
自然釉とそうでないものに大別されます。